JUGEMテーマ:競馬

 昨年度の9月に復帰した会員さんの卒業時期が近づいております。
あんなに出だしが悪かった今年も、全コース30%購入でスタートしたした方と、「中本式」と「ココモ式」のどちらかの全コースを半分購入した方は、ほとんどが卒業となるようです。

年々、「勝ち逃げ」の会員数を減らしてきたのは、私たちの目標であった「勝ち逃げ法」の普及が達成された事、研究室の創設メンバーの大半が年齢を重ねて「OB会」が出来た事、みんな結婚して子供が生まれ子育てが忙しくなった事などの理由で、サポートできる研究員スタッフが少なくなったので、徐々に会員数も減らしてきました。

現在、「新競馬塾」で頑張っている「塾生」がサポート出来る様になるまでは、もう少し募集人数を減らす予定です。
あとは17年にスタートする新体制の研究室、どんな形で運営されるかは今後1年間余りで決められると思うのですが、おそらくこれまでの会員さんだけでも運営が可能なのではないかと考えています。
頼もしい若い研究員たちがこれから作り上げるシステムは、大きく変化する訳ではないのですが、多少の新しい企画も研究されているようです。楽しみですね!

 今年「凱旋門賞」で現在の「ロンシャン競馬場」は、2年近くの間工事が行われ新しい「ロンシャン競馬場」になるのですが、来年は「シャンティー競馬場」で「凱旋門賞」が行われます。
ただ、日本馬は「ドォラメンテ」や「リアルスティール」や「エピファネイア」ら遠征を表明していた馬たちが次々に故障して、今年は期待できそうにないのですが、それでも登録している馬もいるようですので応援に行きたいです。

でも、来年の「シャンティー競馬場」で行われる「凱旋門賞」も観戦したいですし、思いは複雑なものがあります。