JUGEMテーマ:競馬

 皆さんからの質問で結構多いのが「勝ち逃げと通常買い」の比率です。
私の場合は7対3か6対4で、今年は「勝ち逃げ」のプラスが多いので7対3で勝負しています。

通常スタート時は5対5となっており昨年はこの5対5が年末に続き、成績的にも厳しいものがありましたし、苦労したことを思い出します。
年末には一気に取り戻して6対4になりましたが、今年は早いうちに7対3になりました。

本当に幸せな9か月、これから幾度かのマイナスが続いてもびくともしないくらい、安定しておりますので今後も十分楽しめると信じて購入します。

研究室でも事務局のメンバーで大きく違うのは「中本式」でやるか、「ココモ式」でやるかだけで、メンバーそれぞれが自分で好きなように組み合わせています。
どちらをメインにしてもそんなに大きな違いはないのですが、新システムによって「ココモ式」の安定度が増して、どちらもプラスが大きくなったようです。

これによって残された研究課題は「馬単」や「馬連」の購入法の変更ということになりました。
取り組みはすでに2年目を迎えており今後が楽しみな状態にあるようです。

 ずいぶん前からメンバーのみんなが取り組んできた「勝ち逃げ」に、「メインレースの通常買い」が加わって楽しみが増えたこともあるのですが、「通常買い」に関心を示さないメンバーも最初は多かったのです。

でも今では7対3か6対4が最高の比率と言われるようになりました。
これは「通常買い」が競馬を勉強するという意味では最良の購入方法だという事、それに「勝ち逃げ」以外でも勝てる方法があるという事の2点が大きく作用したからです。

これまで研究室や事務局のメンバーが、「勝ち逃げ」中心で他の事に取り組もうとしなかったからです。
ところが「ボス」と「吾郎」さんは、密かにその「通常買い」の研究を続けて、20年以上も費やして一つの形にしたという事です。

 おかげで私たちの作業は倍ぐらいに増えてしまいましたが、それぞれが楽しんでやっていますし、ここ2年間で競馬の勉強を基礎からやり直し本当に良かったと思っています。
会員の皆さんもどうか大いに競馬を勉強して、楽しんで欲しいと思います。