JUGEMテーマ:競馬

 昨年もスタートから躓いた「勝ち逃げ」、今年も同じように前半戦は苦労が続いています。
しかし、担当者と研究室の分析が別々に行われていたために、悪い部分に気が付かないまま購入をしてきたのが大きく影響していたのです。
5月に入ってから全員集められ「ボス」に指摘されたのが、OB会と研究室が上手く機能してなくて「報連相」を疎かにした結果が、こんな悪い成績に繋がったという事でした。
この報告・連絡・相談という図式が出来ていなければいけないのですが、残念ながら研究室の会報は「ボス」が引退してから、月2回発行から年4回以下に減ってしまった事が、大きな要因となってなっているようです。
「吾郎」さん達の「メインの通常買い」でも十分にプラスを出せることもあって、安心した部分もあって気を抜いてしまったのが原因のようですが、若い人たちとの交流も少なくなって、皆独立して研究をするようになったのも悪い方向へ導いたようです。
 いろいろとあって研究室は、「メイン研究室」と「勝ち逃げ研究室」に分割することになって、Box買いが今は有利との判断で、一気に成績はアップしました。
「ボス」に言われるまで気づかなかった皆もやっと「報連相」の大切さが分かったようです。
現在は交代で日報を書いていますので、もう少し状況が良くなるものと考えています。
 競馬だけで暮らして行くのは簡単ではないのですが、競馬以外にも仕事をしていますし、仲間同士でいろいろなビジネスをやっている研究員が多いのです。
「ボス」は「競馬」の事だけでなく、「スマホ」の新製品、「オーディオ」の新製品、「パソコン」の新製品の事を調べたり、「珈琲」と「ジャス」等、朝から夜中までいろいろ調べたりして毎日が楽しそうです。
また最近は「料理の本」や「花の本」を読んだりしてノンビリと過ごしていることが多いようです。
それでも1日4時間余りは「競馬のため」の時間だそうで、いつもレースのビデオを確認しています。
研究室の帰りにちょっとお邪魔すると、いつも競馬の動画が流れていますし、最近は驚いたことに欧米やオセアニアの主要レースの動画を確認しているという事ですが、日本でもほとんどのレースが観れるようになっているのですね。
しかも、すぐに「ユーチューブ」(YOU TUBE)にアップされるそうで、便利になったようです。
 こうして見ると、なんとなくノンビリしていて優しいのですが、先月は会合で「報連相」と「なぜBOX買いしない」と大きな声で叱られ、皆、その厳しい口調と怖い顔に驚いていました。
どうしても頼ってしまうので自覚が足りないのですが、一人一人が注意しあえば解決できることが多いのです。
しかも、上下関係もないし会社勤めでもなく、競馬好きが集まっただけの仲間ですから好きなようにできるのです。
せっかく知り合った仲間ですから、年齢差も関係なくもう少し皆で自覚をもって頑張っていきたいと思います。