JUGEMテーマ:競馬

 今日からスタートする新テーマは「いろいろな勝負方法」ですが、今日は「勝ち逃げ」でも「単勝」ついてです。

競馬で勝つことは簡単ではない事を、皆さんは十分に承知しているものとして話を進めていきますが、私達は「メインレースの通常買い」をするにあたって十分な資金が確保できる状況を作るという事からスタートしたのです。

 

したがって最初は資金を増やしてという状況が続きましたし、その時点ですでに「勝ち逃げ」が資金を作るために手段として考えられたのですが、いつの間にか順調にプラスが得られることが分かると誰もが「通常買い」には目を向け無くなってしまったのです。

パドックや返し馬で馬の見方を勉強しなくても良い訳ですから、当たり前の結果かもしれないのですが、研究員たちも全員「勝ち逃げ法」に没頭してしまったのです。

 

最初は「枠連」と「単勝」、後に「馬連」や「3連複」や「3連単」が加わってきたのですが、今回はこの中から「馬単」を取り上げます。

「Pランク会員」の皆さんはあまり注目している方は少ないようですが、基本的な購入法なのでぜひ考えてみて下さい。

やり方は簡単で、Pランク1位の購入はしないで2位から6位までの5頭から、「2位から4位」(以下Aパターン)の3頭か「3位から5位」(以下Bパターン)の3頭の3点か、「3位から6位」(以下Aパターン)の4頭4点買いが基本で、5レースからスタートというのが基本でした。

 

中山2日(7日)Pランク2位~6位

05R16・02・05・06・13 ハズレ

06R09・07・04・03・01 4番580円

07R13・08・04・10・11 8番850円

08R07・10・12・05・09 12番610円

09R07・04・08・03・06 ハズレ

10R07・06・04・02・08 ハズレ

11R02・08・14・04・01 4番1,090円

12R10・04・01・13・14 4番460円

 

どのパターンでも2鞍目6Rが的中で「勝ち逃げ」成立となります。

プラスは16,000円から26,000円前後ですから大きなプラスではないのですが、この積み重ねが大切なのです。

「3連複」の「中本式関東」ですでに500万以上のプラスを出していますが、悪い時もあるので決して大きくは賭けさせないように購入資金を残しながら勝負するように指導しています。

 

たった一度の失敗で大きく後退してしまうリスクを背負っているので、そこは我慢しながら勝負をしなくてはいけないのです。

続いて京都の場合も検証してみましょう。

 

1回京都2日7日)Pランク2位~6位

05R11・14・05・02・16 ハズレ

06R07・08・11・10・04 7番230円

07R09・16・05・04・10 ハズレ

08R09・16・08・10・12 ハズレ

09R09・02・01・06・07 ハズレ

10R01・15・14・08・06 14番630円

11R15・13・02・11・05 11番1,010円

12R16・02・10・15・05 5番2,370円

 

こちらはAパターンでは6Rでプラスが出来なくて、6鞍目の10Rでもプラスにならないのですが、BパターンとCパターンは7鞍目の11Rで大きくプラスできます。

このようにチャンスは1日何度もあるのですが、細心の注意さえできればプラスするのはそんなに難しくはないのです。

 

「メインレースの通常買い」は確かに面白いし的中した時のプラスも多いのですが、「勝ち逃げ」と組み合わせる事で楽しみは無限に広がるものです。

小さな金額でもいいですので「勝ち逃げ」にも注目してください。