JUGEMテーマ:競馬

 私達が一番気になる世界の競馬はもちろん「凱旋門賞」なのですが、今年もその時期がやってまいりました。

2日間のパリロンシャン競馬場では7つのG1レースが行われるのですが、その頂点に立つのが「凱旋門賞」なのです。

 

●10月6日

☆カドラン賞(G1)芝4,000m

 

●10月7日

☆ジャンリュックラガルデール賞(G1)芝1600m

☆オペラ賞(G1)芝2000m「ラルク」(父ディープインパクト)

☆アベイドロンシャン賞(G1)芝直1000m

☆マルセルブーサック賞(G1)芝1600m

☆フォレ賞(G1)芝1400m「ジェニアル」(父ディープインパクト)

☆凱旋門賞(G1)芝2400m「クリンチャー」(父ディープスカイ)・「スタディオブマン」(父ディープインパクト)

 

出走する以上はベストの状態で出走するものと思いますが、「エネイブル」の連覇も気になるところです。

世界最高の芝のレースですから、いつかは日本馬が優勝してくれると信じているのですが、惜しい2着が4回もあって悔しい思いをしてきましたし、昨年の優勝馬「エネイブル」の強さは圧巻でした。

 

 

 

この2年間は苦しい成績で日本馬にとっては厳しい流れになりましたが、毎年楽しみにしていますし応援しているレースでもあります。

今後は全馬無事に出走する出来る様祈るばかりです。