JUGEMテーマ:競馬

 前回から少し間が空いてしまいましたが、いろいろと忙しくて書けませんでした。

「凱旋門賞」観戦の予約はそろそろ終了しておかないと、現地で大変な思いをしますので急いでください。

前回はパリの情報をお伝えしましたが、今回もその続編となります。

最近欧州でも人気がある日本の酒は、日本酒・ウイスキー・焼酎などが置かれた「酒バー」が結構あり、有名レストランでもワインリストに日本酒がしっかりとあるのですから、時代が変わったものです。

 

もちろん「寿司バー」も沢山ありますので、どこへ行っても日本の酒が飲めるようになりましたし、日本酒を販売している店もあります。

裏を返せばそれだけ需要があるという事なのでしょうが、日本とは逆なのです。

フランス人経営の「メゾン・デュ・サケ」(エティエンヌ・マルセル地区)なんかもオープンしたりして、環境は徐々に変化しています。

 

友人とも良く日本酒を飲みに行くのですが、中には日本のウイスキー専門店もあってなんとなく安心してしまいます。

どうしても日本食が恋しくなりラーメン店や定食屋とかに入ってしまうのですが、決して安くはないので時々は義兄宅にお邪魔してご馳走になります。

義兄の奥さんは日本人なので料理は70%が日本料理、子供たちも日本料理が大好きで朝もご飯が多いようです。

 

 さて「凱旋門賞」へ挑戦する「マカヒキ」はもうすでにフランス到着してますが、最大のライバル「ポストポンド」は17日英G1「インターナショナルS」を快勝し、昨年の「キングジョージ」からG1レース4つを含む6連勝で「凱旋門賞」に直行する予定が発表されています。2頭の対戦が待ち遠しいです。

今年はいつもの「ロンシャン競馬場」ではなく「シャンティイ競馬場」で行われますし、こちらにも「シャンティイ城」があってとても綺麗な競馬場です。

 

私も時間が取れれば現地に応援に行く予定ですが、今年の「凱旋門賞」は日本馬が1頭だけでも今からワクワクしています。

それになんと言っても日本でも馬券購入できるのですから、注目度は今までとは違います。

みなさんも応援よろしくお願いします。