JUGEMテーマ:競馬

 3日の英「エクリプスS」に続き、4日には「凱旋門賞」へ直結するG1仏「サンクルー大賞」がパリのサンクルー競馬場で行われ、「ブルーム」(父Australia)5歳牡が逃げきりで勝ちました。

人気の「インスウープ」は4着で、追い込んだ「エバイラ」と同じく追い込んだ「ゴールドトリップ」が2着と3着となりました。

 

 

☆7月04日仏「サンクルー大賞」芝2400m:「ブルーム」(父Australia)はG1初勝利ですが、今後のでき次第では「凱旋門賞」にコマを進める可能性大です。

重馬場という事で時計は2:29:11と平凡でしたが、前走の復帰戦「プリンスオブウェールズS」を勝った「ラブ」や英「オークス」を16馬身差で勝ったディープインパクト産駒の「スノーフォール」の強敵となりそうですし、日本から参戦予定の「クロノジェネシス」にとっても素晴らしいメンバーが揃いそうです。

 

馬場がいつも悪くなる「凱旋門賞」、今年は最高のメンバーが集合しそうですね!