JUGEMテーマ:競馬

 結果的に「チューリップ賞」は「阪神JF」の上位馬オルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」、ディープ産駒の「マウレア」、ルーラーシップ産駒の「リリーノーブル」の順に決まり、その他の馬はチョット差がついてしまいました。

毎年2歳から3歳にかけては成長度合いがユックリなので、勢力図大きく変わる事がないのですが、今年は強烈な寒さが続いたこともありトレーニング不足が目立っており、いつもよりさらにスローになったのでしょうか安心して観戦できました。

 

続いて「弥生賞」ですが、こちらも上位4頭で決まってディープ産駒が1着と2着、「ダノンプレミアム」と「ワグネリアン」の着差はほんの少しですから、これからのトレーニング次第では逆転もありそうですが、「ジャンダルム」は使う距離を考えた方がいいかもしれないです。

こちらのレースも安心して観戦できましたし、今週のトライアルレース堅く収まって良かったです。

 

我が家も花粉症でみんな顔中ぐしゃぐしゃですし、珈琲はいつものブレンド珈琲をたっぷりと頂きながらレースを観戦しましたし、配当は安かったですが、文句なく楽しい一日でした。

 

 今日の富士山はでっかいダイヤモンド富士です。

4日7時52分と8時5分の撮影ですが、ビックリするくらい太陽が大きいのです。

 

  

 

素晴らしい「職業訓練センター」のライブカメラの映像です。

 

今日は毎年2月末に発表されるお米のランキングについてです。

我が神奈川県にも「特A米」があるので紹介したいと思いますが、「はるみ」と言いお米で私達が住んでいる秦野市のすぐ近くの平塚市真田地区で一昨年から栽培され昨年「特A」評価を受けて、昨年度は小田原地区や湘南地区で栽培がされています。

 

「コシヒカリ」と神奈川県の主流米だった「キヌヒカリ」とを交配したもので、平塚市内のJA全農営農・技術センターで開発されたお米なのです。

甘みがあってもっちりしているのが特徴で、ことしも「特A」指定を受けたのです。

みなさんも食べてみて下さい。