一杯のコーヒーに夢を託して

一杯のコーヒーに夢を託して「サトノダイヤモンドの強さに脱帽」Part33(Kei)

2016/12/10

「菊花賞」は「サトノダイヤモンド」が楽勝し、馬主歴25年の里見さんに初めてのG1とクラシック制覇をプレゼント、そしてディープ産駒として初めての「菊花賞」制覇をもたらしたのですが、2着には「札幌記念」であの「モーリス」に迫った「レインボーライン」が入って、3着が前で競馬した「エアスピネル」が入り、「ディーマジェスティ」は直線伸びを欠いて4着でした。

残念ながら馬券は的中できませんでしたが、楽しませていただきました。

 

珈琲も「ブラジル」や「グアテマラ」の良質なものを用意したのですが、ちょっと苦い珈琲になってしまいました。

でも「ブラジルカップ」は運よく的中して、何とか大負けだけは避けられました。

 

これまでディープ産駒は「皐月賞」を勝てなかったのに、今年は1着から3着まで独占しましたので、「菊花賞」もディープ産駒が勝つんじゃないかと思っていましたが、その通りになって本当に良かったです。

さて今週はG1「天皇賞・秋」、G1を4勝の「モーリス」や海外G1で2勝の「エイシンヒカリ」、「ラブリーデイ」、「リアルスティール」、「ロコタイプ」と5頭のG1が激突です。

2000mのレースでは国内最高のレースだけに本当に楽しみなレースですし、先行馬が多いだけにスピード感あふれるレースになりそうですので、良馬場でやらせたいです。

 

珈琲はこの秋に向けてブレンドされた「オータムブレンド」を用意したいと思っています。

各店で最近は「ハローウィンブレンド」や「オータムブレンド」が販売されるようになって、楽しみが増えましたが、10月は各国から新豆が入ってくる時期でもありますし、今回はそんな中でもスペシャリティコーヒーだけをブレンドした、リッチな珈琲を用意してと考えています。

 

最近は研究室のみんなと会う事も少なくなりましたが、「吾郎」さんや「シゲ」さんが時々来てくれますし、私も時々は工房にパソコンの周辺機器やオーディオ製品の確認や試聴には行きますので、エンジニアの方にはよくお会いしてます。

最近は家のオーディオの組み換えをしたりして、毎日ジャズを聴きながら珈琲を楽しんでいますので、一日中家にいることが多くなりましたが、競馬は毎日ビデオで確認し勉強中です。

 

最近は「吾郎」さん達と「メインレースでの勝ち逃げ」の研究や、新しいメンバー(競馬塾の卒業予定者)達とオッズの捉え方などについて話し合ったりしていますが、いろいろと新しい競馬の楽しみ方が発見できて毎日が楽しいです。

今の若い人たちの可能性は本当に無限なのでしょう、これからが本当に楽しみです。

G1は「天皇賞」後も何週間も続きますので、毎週毎週楽しみですしできるだけ多くのG1レースを的中させたいと思っています。

-一杯のコーヒーに夢を託して
-, , ,