いざフランスへ!凱旋門賞へ!

「凱旋門賞」を観戦に行こう&いざフランスへ!「日本でも馬券が買える凱旋門賞」28(創)

私たちのパソコン修理及びゲーミングPC工房「Room365」のメンバーは「日本馬で凱旋門賞を!」という、夢を掲げて競馬好きのエンジニアが集まって17年前に発足した個人事業主の集まりです。

17年前の1999年10月3日に「凱旋門賞」で日本調教馬の「エルコンドルパサー」が「モンジュー」の2着になったのが、発足のきっかけになったのです。

 

それからも数多くの日本馬が挑戦していますがまだ優勝馬がでておらず、「ナカヤマフェスタ」が2010年に2着、「オルフェーヴル」が2012年と2013年に同じく2着と連対はしており、期待は膨らむばかりです。

今年は「日本ダービー」馬の「マカヒキ」が遠征しており、前哨戦のG2「ニエル賞」を勝って順調なので「賢」さんや競馬塾の塾生の何人かは現地に応援に行っております。

 

今年はロンシャン競馬場の改修工事のためにシャンティイ競馬場で行われる「凱旋門賞」であること、日本で発売される最初の海外国際レースである事などで、馬場状態も含め期待一杯です。

強敵は2400m5連勝中の「ポストポンド」(牡5歳)、英・愛両ダービーを勝っている「ハーザンド」(牡3歳)、米BCターフ馬の「ファウンド」(牝4歳)、G1で3勝キングジョージ6世&クイーンエリザベスS馬の「ハイランドリール」(牡4歳)、仏オークス2着馬の「レフトハンド」等が優勝候補です。

もちろん日本馬の「マカヒキ」も最強世代と言われる今年の3歳馬の頂点に立った馬なので、期待十分で楽しみ一杯です。

 

3歳馬牝馬や4歳馬牝馬の活躍が目立つのはいつもの事ですが、ぜひ的中させたいものです。

日本での発売は日本の発売システムに沿ったものですので、みなさんも購入しやすいと思いますので馬券を買って楽しみしょう。

-いざフランスへ!凱旋門賞へ!
-